R1年10月~R2年4月の記録

令和元年12月5日(木) サケの卵 その後パートⅡ

サケの水槽の様子

 12月5日の木曜日、前回から2週間ちょっと、石垣さんが卵の様子を見に来校くださいました。発眼しているかもしれないと予想した日です。そして、北海道新聞の記者の方も、開西小学校のサケを育てる取組事業について取材しに来てくださいました。

IMG_0986.JPG

光に透かすと…!

IMG_0992.JPG

 水槽の中では、よーく見ないと発眼しているのはわかりづらいですが、水槽から出すと、黒い小さい点がよく見えます。子どもたちも、石垣さんが来校されているふれあいタイムの時間には、水槽のところへ確認しに来てくれて、行列ができていました。


残念ですが…

 石垣さんがちょっと残念なことをお話しされました。「不受精卵が90個ぐらいありました。」というのです。原因を聞くと「2匹精子をかけた雄の1匹の精子の状態が活性化していないものだったのでしょう。」お話ししてくれました。
 この日水温を5℃に下げ、冬休み明けのふ化に向け準備をしました。

IMG_0989.JPG

令和元年11月18日(月) サケの卵 その後!

卵を受精させた、雄と雌のサケの行方…

 この日、石垣さんが久しぶりに来校されました。この前の週、水温を調整している機械が働かなくなり半日ぐらい水温が14度まで上昇しました。原因はヒューズが外れていたためなのですが、卵がどうなってしまうかとても心配しました。石垣さんにお電話で状況をお話したら、「大丈夫でしょう」を言ってもらったのですが、しっかり見て確認してもらい安心しました。

IMG_0948.JPG

白い卵に、カビカビが!!

IMG_0949.JPG

 「順調に成長していますよ。」という言葉をいただきました。白くなっている卵の周りについているモヤモヤものも、あまり周りに影響を与えるものではないらしく一安心。

今回受精した卵は、別の場所でも育っています。

 来校した石垣さんは、開西小学校の後、帯広第八中学校にも行きました。実は、そこで開西小学校で受精した卵を預け育ててもらっているのです。開西の水槽では小さすぎて育てられない分を分けて持って行き、八中の生物クラブで管理していただいています。ありがとうございます。

開西小学校-1.JPG

令和元年10月28日(水) 2年生サケの受精体験実施!

令和最初、サケの稚魚を育てる活動、今年もスタートしました。

 今年度も、帯広川伏古地区子ども水辺協議会の方々の協力のもと、サケの受精体験を理科室にて行いました。今年も、国語科で「さけが大きくなるまで」の学習を行う、2年生1組2組の児童57名が受精体験を行いました。今年もサケ博士 石垣先生のご指導で授業をすすめました。また、十勝振興局の方々もたくさん来校されました。ありがとうございます。

DSCN3664.JPG


DSCN3665.JPG

受精するよーー

IMG_0774.JPG

 用意したサケは、雄2匹と雌1匹。雄1匹だけだと健康でない精子の可能性もあるので、確実に受精させるため2匹を用意するそうです。 最初は、サケの体をみんなでさらってみました。ぬるぬるしているかと思いきやそうでもありません。時間が経つとぬるぬるしてくるようです。サケのお腹を裂くお手伝いを「やりたい!」と立候補した児童が雌のサケの腹を採卵刀で裂き、オレンジ色の卵を採卵台で掻き出します。採った卵に2匹の雄の精子をかけました。これで受精完了です。

DSCN3667.JPG

サケの卵に触ってみました。そしてサケはどのように育っていくか勉強しました!

 受精したサケの卵を洗うのは、帯広川の水です。帯水協の方々が用意してきてくれました。この水が重要のポイントなんです。洗う水に帯広川の水を使うので、その水の匂いを卵が覚えていて、帯広川に戻ってくるのだそうです。受精したばかりの一つの細胞ですが、DNAの力は偉大ですね。

DSCN3668.JPG

 その後、みんなで触ってみました。一度受精した卵は、触っても大丈夫だそうで、子どもたちは「きもちいい~」と優しく静かに触れていました。
 受精した授業後、受精した卵を児童玄関に設置している水槽に投入。水温を約7.0℃に設定していて、約40日後12月5日頃には卵に黒い点(稚魚のもと)が出来るだろうと石垣さんが教えてくれました。

DSCN3670.JPG